HACKATHON

ハッカソンとは?

ハック(Hack)とマラソン(Marathon)からなる造語です。ハック(Hack)とは、もともとIT分野で使われている言葉で、高い技術を駆使してシステムを操ることを意味します。基本的にはエンジニアやデザイナーなど、異なるバックグラウンドをもつメンバーでチームを編成し、与えられたテーマのもと、通常1日~1週間程度の短期間で、商品・サービス・システム・アプリケーションなどの開発に挑み、競い合うイベントです。特定プラットフォーム向けや特定プログラミング言語を使用するなど様々な種類のハッカソンが近年開催されております。

また、IT分野だけに限らず、芸術や音楽、科学、自動車、ヘルスケア、金融、バイオといった幅広い分野でもハッカソンは取り入れられており、「企業内の研修に取り入れる」「産学連携で行う」など、その実施目的も多岐に渡っています。

 

PROPOLYSのハッカソン

我々PROPOLYSは、昨今エンジニアに求められるグローバル力の向上を目的として、「使用言語を英語に限定」「各国混成チームの編成」「テーマに沿って抽出したアイデアを簡易ロボットで実現」という3項目を主眼におき、九州沖縄地区高専生及び海外学生を招待し、3日間のオリジナルのハッカソンを開催しています。

International Hackathon 2019

次世代エンジニア育成国際ハッカソン2019 活動報告

Photos #1

国内・海外総勢65名の学生による
国際ハッカソンを実施
初日はアイデアソンからスタート

Photos #2

全11チーム最終プレゼン
内5チーム表彰
@北九州国際会議場

Photos #3

国際ハッカソン前後で
海外学生フォローアッププログラム実施
各企業と北九州高専を訪問

Videos

各チームプレゼン動画


次世代エンジニア育成国際ハッカソン2018 活動報告

Photos 2018

国内外の学生約50名が参加した
第1回次世代エンジニア育成国際ハッカソン
テーマ:ロボット×IoT×防災

Videos 2018

全8チームプレゼン動画
@福岡市科学館